新会派「民主生活者ネット」で活動します

2013年10月16日 10時59分 | カテゴリー: 活動報告

会津身不知柿(みしらず)です。あまりの美味しさに我を忘れる、という意味。福島県の特産品です。

 10月6日に実施された武蔵野市議補欠選挙で、高野恒一郎さんが当選し、武蔵野市議会は24名(欠員2名:この件に関しては、9月4日22日29日付けの本HPでお知らせした通り)で再スタートします。

 これに伴い、議会内で活動する会派構成が変わりました。生活者ネットワークの西園寺みきこは、深澤達也議員、川名ゆうじ議員と3人で新しい会派「民主生活者ネット」を結成し、活動することにしました。お互いに主体性を尊重しつつ、情報共有に努めていきます。今後も活動にご注目ください。 

 今回は、会派構成がかなり変わりました。それぞれの議員の、政治的なスタンス、議会内でのスタンスを、よく見ていただきたいと思います。会派をどう位置付けているか、議員の自覚が問われているのです。

 そして、さらに重要なことは、定員26であるべき市議会が、欠員2のままで再スタートすることです。最近、市民の方から「つまり、議会は24人でもやれるってことですよね?」とご意見をいただいています。「それじゃあ、議会って一体何なのか?」と有権者の皆さんは気づき始めています。実は、武蔵野市では市議補欠選は史上初めて。あらためて議会のあり方に注目が集まっています。

 生活者ネットワークと西園寺みきこは、議会改革に取り組んできました。新しく結成した「民主生活者ネット」会派でも、議会のあり方について議論を深め、提案を行っていきます。