集団的自衛権の行使容認NO!! 中央線一斉行動で桜井先生にお会いしました。

2014年6月16日 17時47分 | カテゴリー: 活動報告

右は、武蔵野ネット初代の代理人、古林わか子さん。中央は、偶然ご家族連れで通りがかった桜井国俊さん(沖縄大学名誉教授)。

 6月15日(日)14~15時、武蔵境駅南口で「集団的自衛権行使容認に反対する中央線一斉行動」に参加しました。

 この行動は、趣旨に賛同する市民団体(武蔵野市では「むさしの憲法市民フォーラム」)と政党の枠を超えた議員が参加。武蔵野市では、吉祥寺・三鷹・武蔵境の3駅で同時に訴えました。

 

 

 

東京新聞16日の記事

 15日は、全国215人の地方議員による「自治体議員立憲ネットワーク」の設立総会もありました。東京・生活者ネットワークの都議、西崎光子さんが共同代表5人の1人として、呼びかけました。西園寺みきこも、立憲ネットに賛同しています。東京・生活者ネットワークHP

真夏の陽ざしの中、「軍備は、むしろリスク」と訴えました。

 16日の新聞報道によれば、安倍総理が記者会見で説明した「米軍戦艦による邦人救出の際に、米艦を自衛隊が守る」事例は、過去にアメリカから断られていたとのことです。第一次安倍政権で官房副長官補を務めた防衛官僚、柳澤協二さんも記者会見直後から指摘していました。安倍総理は事実に基づかない説明を、国民に対して行っていたことになります。到底、理解することができません。

(参考)桜井国俊さんの最終講義動画。2014年3月8日。沖縄大学同窓会館にて。1時間15分。