大河原まさこさん71,398票獲得も当選ならず

2016年7月11日 11時35分 | カテゴリー: 活動報告

SONY DSC

全力で戦い抜いた大河原さん。

7月10日投開票の参議院議員選挙で、大河原まさこさんは全国で71,398票を獲得したものの、当選に至りませんでした。ご支援いただいた皆さんに感謝をこめてご報告申し上げます。

今回は、「いのちと平和を守る」を訴え、比例区から立候補し、生活者ネットワークとして初めての取り組みとなりました。武蔵野・生活者ネットワークも猛暑の中、支持拡大に動きました。

5月24日、武蔵境駅頭にて。

5月24日、武蔵境駅頭にて。

生活者ネットワークは、議員を職業化しない、市民の声を政治に反映させることを目指しています。地域に密着した日頃の活動が原点。改憲勢力が3分の2を超えたこと。メディアや公の場が、ますます政権寄りにシフトしていく状況。歯止めをかけ、ブレーキをかけるために、普段のくらしの中の声を拾い上げることがますます重要になっています。

自公政権の勝利とはいえ、東北5県や新潟、長野、山梨、沖縄などで野党統一候補がせり勝っていることから見て、現政権への批判が根強いこともはっきりしています。生活者ネットワークは、今日から再び前進していきます。