会派結成しました「むさしの未来」

2011年5月15日 01時34分 | カテゴリー: 活動報告

党派の枠組みを超え、共に学び、提案する議会へ

天笠啓祐さんと。「放射線と食品」学習会で。
天笠啓祐さんと。「放射線と食品」学習会で。
 5月6日、西園寺みきこは「むさしの未来」という新たな会派に参加することになり、武蔵野市議会に会派結成の届出を済ませました。

会派は、以下の4人からなります。
代表:小美濃安弘さん(無所属)
副代表:深田貴美子さん(無所属)
前田秀樹さん(無所属)
西園寺みきこ(武蔵野・生活者ネットワーク)

 それぞれ今までの政治的な経歴はさまざまですが、主に以下の3点で共通の認識を持っていることがわかり、会派結成の趣意書を取り交わして、武蔵野市議会で共に活動することを確認しました。
1.市民と共に創る開かれた議会改革に努める。
2.市民の皆さんと共に、勉強会や議会報告会を開催する。
3.議論・討論を深めるために、多様な立場、異なる考え方を尊重する。
 会派結成趣意書の全文は、この記事の一番下にPDFファイルで置いてありますのでご覧ください。

 西園寺みきこは、「つくる政治」「育てる政治」「誰かに任せない政治」を目指し、市民に開かれた議会改革に向けて、提案を行なってまいります。

活動日誌

4月29日(金) 東京・生活者ネットワークの議員研修
       ・・・防災に関する政策の組み立てを学びました。
4月30日(土) フィンランド映画「100,000年後の安全」鑑賞
       ・・・使用済み核燃料を地下埋設処分するドキュメンタリー映画。10万年
       とは、プルトニウム(半減期約2.5万年)がほぼ安全になる時間。
       映画のHPは、下記参照。
5月3〜5日 福島市の実家に帰省。隣のりんご畑地面で最大2.7マイクロシーベルト
       毎時を確認。24時間365日をかけると、23ミリシーベルトになります。
5月7日(土) 武蔵野ヒューマンネットワークセンター総会に出席。
       ・・・「すべての施策をジェンダーの視点で見直す」生活者ネットワーク
       の政策への思いを、質問いただきました。
       リンク http://www.mhnc.jp/
 同日夜   憲法を学ぶ会 学習会に出席。
       ・・・「原子力」と「核」は実は同じ。ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ
       ことの重要性をあらためて共有しました。
5月8日(日) 天笠啓祐さん講演会「放射線と食品」に参加。
       (生活クラブ杉並主催)

添付ファイル